□いらっしゃいませ


初めまして。梵字屋にようこそ。

「梵字屋」はインドで使用されるブラフミー文字の梵字をモチーフにジュエリーとしてのネックレスを製作しているお店です。

注文生産方式を取り入れることにより、一人一人に合わせたオーダーメイドのような梵字ネックレスを一つ一つ丁寧に製作し、全国のお客様にお届けしております。

店長やスタッフなどの詳しい経歴などはスタッフについてのページをご覧ください。そして、仕事についての店長日記に加えて、我が家だけの家族日記のページもどうぞ。こんな家族と宝石職人の小さなネットショップなんですが、もうネットショップ歴は10年を超えました。

同じ商品ではなくオーダーメイドでも製作していますので、いつでもお問い合わせくださいね(^^)

□梵字ペンダントが出来るまで


梵字ペンダントが出来るまで

梵字ペンダントが出来るまで

梵字のペンダントは精錬した地金をローラーで薄く引き延ばし、叩いては地金を強くします。
この叩いて強くするのが重要でこの作業は欠かせません。

この「地金を叩く」だけで、地金の良し悪しが、分かるようで、この日も精錬しなおしていました。
さて、精錬しローラーで薄く延ばした地金をどうするのか?ここは極めてアナログな作業です。

イラストレーターなどの画像ソフトで製作した梵字の文字を、希望通りの寸法にプリンターで印刷し、シールを作ります。それを地金に貼って準備は完了。
指と比べてもちいさいでしょ?このSサイズの実寸は約1センチです。

梵字ペンダントが出来るまで

「リューター」と呼ばれる電気ドリルで穴を開け、ノコ歯を通し、また切り始めます。すんごく細かくてどこを切っているのか分かりませんでした(--;)

とにかくメチャメチャ細かく、「一体どこ切ってんねん?」と思ってしまうほどでした。
それでも黙々と切っていきます。だんだんと形が見えてきたようです。ボクにも形が見えてきたので一安心です。

切り始めて10分から15分後・・・もう切り終わってしまいました!オドロキです。

梵字ペンダントが出来るまで

切った文字は「キリーク」という梵字。そして、上が切り抜いたものです。今から調整を加えながら完成させるのです。この細かさが分かっていただけたでしょうか?

梵字ペンダントが出来るまで

この地金の板から梵字ペンダントは生み出されます。

梵字ペンダントが出来るまで

いわば魂が込められるのです。こんなにも小さなペンダントから職人の魂というものを感じていただければ嬉しいですね。

□梵字アクセサリーのオーダーメイド


梵字アクセサリーのオーダーメイド

自分だけの梵字アクセサリーを作りたくありませんか?ネックレスに限らず、指輪やピアスなど。そんな場合はオーダーメイドで製作が可能です。宝石業界に勤めて20年以上になりますし、出来るだけの事をしたいと思っています(^^)

こちらのページから梵字アクセサリーのオーダーメイドのお申し込みページへ。

□梵字屋店長のあいさつ


梵字屋店長とスタッフ

初めまして。梵字屋店長の本谷です(^^)
シンプルなデザインの梵字ネックレスの製作に惚れ込み、今まで多くのお客に販売しています(笑)

ボクの事やスタッフについて詳しくは「スタッフについて」を見てください。

休みの日には必ず家族で遊びに行くパパですが、仕事にはしっかりと取り組んでいますので気軽に お問い合わせなどをいただければと思っています(^^) 店長日記・コラムは下記よりどうぞ。

店長日記:https://hontani.net

家族日記:https://hontani-family.net

もちろん、Instagramfacebooktwitterもやっていますので気軽に友達申請してくださいね(^^)