梵字と干支の関係

人は生まれた年の干支にしたがって、守護してくれる仏様が定まっており、その仏様が各人の守り本尊になります。

梵字にも各干支によって神様や文字が存在し、十二支は方位に基づいて定められており、時を正確に捉えることができ、守り本尊もそれに準じます。

梵字・キリーク:子(ねずみ)・戌(いぬ)・亥(いのしし)年

梵字キリーク

千手観音菩薩(せんじゅかんのんぼさつ)は千の手と、千の慈眼をもち、千の目で人々を見守り、危機に際してはその千の手を差し伸べ、一切の衆生を救う大慈大悲の菩薩。

阿弥陀如来(あみだにょらい)は、西方極楽浄土を主宰。人々を救済する仏。大慈悲に浴して一切の苦難厄難を逃れる。また福徳長寿が授かります。

梵字・タラーク:丑(うし)・寅(とら)年

梵字タラーク

虚空蔵菩薩(こくぞうぼさつ)はすべての願いを叶え、福徳を司ると共に、知恵を授ける。特に記憶カ向上、除け、症病回復に御利益のある仏様です。


梵字・マン:卯(うさぎ)年

梵字マン

文珠菩薩(もんじゅぼさつ)は悟りの知性的側面を象徴し、知恵第一の菩薩仏として学業の功徳が顕著。知恵の苦労や災難を五智の剣で断ち、幸福を招いてくれます。


梵字・アン:辰(たつ)年

梵字アン

普賢菩薩(ふげんぼさつ)は人々の前に文珠菩薩と共に釈迦如来の士として六牙の白象に乗って現れ守護すると、法華経に説かれています。増益、長寿を授ける。


梵字・サク:午(うま)年

梵字サク

勢至菩薩(せいしぼさつ)は、阿弥陀の脇士として慈悲と知カを象徴し、邪気を払し進路を開き、福徳長寿を授けます。


梵字・バン:未(ひつじ)・申(さる)年

梵字バン

大日如来(だいにちにょらい)は宇宙の真理そのものをあらわすとされる密教絶対中心の仏。あらゆる災厄苦難を除き、将来への道が明るく開けるよう、福徳と長寿を授ける。


梵字・カーン:酉(とり)年

梵字カーン

不動明王(ふどうみょうおう)は人々を救う為あえて厳しい姿をとり、一切の障難や穢れを焼きつくす明王。すべての災難を除き、光明の道へと導いて福徳を授けてくれる。


梵字屋にお問い合わせ