梵字とは?

梵字(ぼんじ)はインドで使用されるブラフミー文字の漢訳名です。ブラフミーは「ブラフマン(梵)の創造した文字」を意味します。

また、単に「梵語(サンスクリット)を表記するための文字」とも言われます。

一見規則性の無い文字に見えますが、子音字と母音字があり、子音字に母音がつく場合子音字に点画を書き足す形になります。子音字のみだと子音+[a]の音を表します。

一字一字が諸仏諸尊をあらわしており、ひとつの梵字が複数の仏の種子を表すことがほとんどです。一つの仏でも金剛界、胎蔵界で違う文字を使う場合もあるのです。

インドでは紀元前後にセム系文字に由来するブラフミー文字とカローシュティー文字の2系統があります。このうちの前者がグプタ系文字から発達したシッダマートリカー(梵字)となり、さらに7世紀頃ナーガリー文字に発達し、10世紀にはデーヴァナーガリー文字として固定しました。

6世紀ごろにインドで流行し、数多くの梵字で書かれた文献が残っています。ただこの頃のインドにまだ紙はなく、ほとんど貝葉に書かれてあり、現在サンスクリットの筆記・印刷に主に用いられるのはデーヴァナーガリーです。

日本で梵字と言った場合は、仏教寺院で伝統的に使用されてきた「悉曇文字」(しったんもじ)を指すことが多いです。

これは上述のシッダマートリカーを元とし、6世紀頃に中央アジアで成立したと見られます。

日本には仏教伝来と共に漢訳された経典と共に伝来しましたが、難解なために、文字自体を仏法の神聖な文字として崇めました。

天平期には遣唐使や、鑑真らの唐僧が悉曇梵語に堪能で、徐々に広まっていきました。大安寺で唐僧仏哲と天竺僧菩提仙那が悉曇梵語の講義を行うと、日本人僧にも悉曇梵語の読み書きが浸透していくようになりました。

平安時代に入ると、最澄、空海らが悉曇梵語の経典を大量に唐から持ち帰るようになりました。彼らにより、真言として梵字は一般の人々の間にも広まるようになったのです。このようなことから、「梵字はそれ自体に霊力がある」と、信じられています。

梵字屋にお問い合わせ