いらっしゃいませ

いらっしゃいませ

いらっしゃいませ。「梵字屋」にようこそ。

梵字屋は、神様の文字と言われ、お経などに使われる「梵字」をモチーフにしたアクセサリー専門の販売をしています。

その中でも生まれ年(干支)によってきまる守護尊を表した、梵字を中心にお守りや、仏教上の特別な権威ある象徴としてのアクセサリーの販売をしています。

お守りやプレゼントにも最適なので、是非どうぞ!

梵字リング

最強梵字リング

梵字アクセサリー人気ランキング

梵字ペンダントが出来るまで

梵字ペンダントが出来るまで

梵字アクセサリーのオーダーメイド

梵字アクセサリーオーダーメイド
梵字・キリーク:子(ねずみ)・戌(いぬ)・亥(いのしし)年

梵字キリーク

千手観音菩薩(せんじゅかんのんぼさつ)は千の手と、千の慈眼をもち、千の目で人々を見守り、危機に際してはその千の手を差し伸べ、一切の衆生を救う大慈大悲の菩薩。

阿弥陀如来(あみだにょらい)は、西方極楽浄土を主宰。人々を救済する仏。大慈悲に浴して一切の苦難厄難を逃れる。また福徳長寿が授かります。

梵字・タラーク:丑(うし)・寅(とら)年

梵字タラーク

虚空蔵菩薩(こくぞうぼさつ)はすべての願いを叶え、福徳を司ると共に、知恵を授ける。特に記憶カ向上、除け、症病回復に御利益のある仏様です。

梵字・マン:卯(うさぎ)年

梵字マン

文珠菩薩(もんじゅぼさつ)は悟りの知性的側面を象徴し、知恵第一の菩薩仏として学業の功徳が顕著。知恵の苦労や災難を五智の剣で断ち、幸福を招いてくれます。

梵字・アン:辰(たつ)年

梵字アン

普賢菩薩(ふげんぼさつ)は人々の前に文珠菩薩と共に釈迦如来の士として六牙の白象に乗って現れ守護すると、法華経に説かれています。増益、長寿を授ける。

梵字・サク:午(うま)年

梵字サク

勢至菩薩(せいしぼさつ)は、阿弥陀の脇士として慈悲と知カを象徴し、邪気を払し進路を開き、福徳長寿を授けます。


梵字・バン:未(ひつじ)・申(さる)年

梵字バン

大日如来(だいにちにょらい)は宇宙の真理そのものをあらわすとされる密教絶対中心の仏。あらゆる災厄苦難を除き、将来への道が明るく開けるよう、福徳と長寿を授ける。

梵字・カーン:酉(とり)年

梵字カーン

不動明王(ふどうみょうおう)は人々を救う為あえて厳しい姿をとり、一切の障難や穢れを焼きつくす明王。すべての災難を除き、光明の道へと導いて福徳を授けてくれる。

店長日記

AppleWatchの前にMi Band2を・・・

AppleWatchの前にMi Band2を・・・

チープカシオがAppleWatchの為だった

チープカシオを使い始めて1年半ほどになりました。本来AppleWatchを購入する為の前準備として使い始めたのに、いつしか違和感なくチープカシオが普通の状態に(^^;)
お陰で腕時計を着ける週間がつきましたよ(^^)

その間にAppleWatchも2世代目に進化しており、たまに着けている人を見たりテレビで着けている芸能人も見かけるようになりました。

最近のAppleWatchはどうなのか

AppleWatchの前にMi Band2を・・・

IT系やApple関連のニュースを見ていても、一般的には忘れ去られたイメージのAppleWatchが実はシェアを増やしていると書いてあったり。
本当の事は分からないとしても、ちゃんとしたスマートウォッチを探すとAppleWatch以外のベストっぽい選択肢も思い当たらない。

しかし、世代間の違いがあまり分からない

初めは高級品として登場したAppleWatchも、実は方向転換をしてスマートフォンのようなガジェットやスポーツガジェットの方面に力を入れているように見えます。それでも高級品ですけどね。
そんなニュースを見ながら、実は結構便利に使えそうだという思いもあって、再びAppleWatchを調べ始めたものの、違いがあんまり分からないんですよね。

そもそもの懸念はバッテリーが1日持つのかどうか不安があるのに、周りに使っている人もいないので聞きようがない。

実はボクの仕事机の上はiPhoneをはじめ、iPadが2台Xperia Z Ultra、Chromebook、その他携帯などの充電ケーブルが山盛りなのだ。
出来ればあまり毎日のように充電ばっかりしたくないという事が本音なので、2〜3日は時計として充電なしにしたい。

思わぬ伏兵が登場

AppleWatchの前にMi Band2を・・・

そこで、登場したのが中国のシャオミが販売している「Mi Band2」。AppleWatchの出来る事がほとんど出来るし3千円くらいで凄く安いんです。防水仕様という事も良い。
スマートバンドという事で安っぽいんですけど、メタルバンドが用意されていたりそんなに悪くはない気がします。

AppleWatchの前のステップとしては悪くない気がするけど、これこそ「安物買いの銭失い」にならないのか心配ではあります・・・

悩む日々が続きますね・・・(^^;)